白内障とは?

トップページ 白内障とは?

白内障とは?

白内障という病気を御存知でしょうか。眼病としては有名な病気なので耳にしたことがある方も多いでしょう。ですが、白内障は目の病気であるとは知っていても、具体的にはどういった病気であるのかを知らない人も多いのではないでしょうか。

 

白内障というと、その字のごとくに目が白くなると漠然に考えている方も少なくありません。正確には、目の中にある水晶体という組織が濁ってしまう病気のことを白内障というのです。鏡で自分の目を確認してみると、黒目と白目しかわかりませんよね。

 

しかし、目としての機能を満たすためには様々な役割を持つ部分が集合してできているのです。その内、目のレンズの役目を果たす部分である水晶体が濁ってくる病気を白内障と呼んでいるのです。カメラの構造で考えるとわかりやすいかもしれませんね。カメラのレンズが白く汚れてしまったまま写真を写すとどうなるでしょうか。

 

もちろん被写体はきちんと写真には写りません。それと同じように白内障を患ってしまった場合にはふだんの生活で見えているものがぼやけたりかすんだりするのです。日常の生活の中で、目に不調があるというのは非常に厄介なことですよね。というのも、人間の生活に必要な情報というのはそのほとんどを視覚からの情報に頼っているからです。

 

こうした物がかすんで見えたりすることが原因となってストレスとなってしまったりします。また、よく見えないから外に出るのも億劫になりかねませんし、怪我もしやすくなってしまいます。最近では医療技術も進歩してきているので、もし白内障の症状で悩んでいるのであれば手術を受けて治療したほうがいいでしょう。

 

白内障のようにいちど水晶体が濁ってしまうと、怪我のように自然治癒はしないのです。しかも水晶体が濁ったままで放置していると、どんどんとその状態は悪化していくのです。白内障というのは加齢が原因で発症することがそのほとんどだと言われています。

 

が、若いからといっても決して罹らないというわけではないのです。近年では若年性の白内障も増加傾向にあるので気をつけてくださいね。ほとんどの人は片方の目しか発症していないので大丈夫だと考える傾向があるようです。しかし、多くの場合では片方の目から発症したとしても、最終的には両目にその症状があらわれることになります。

 

ですので、最近、視界がかすんで見づらくなったというのであれば、いちど眼科へ行ってみるのもいいと思います。とりあえず素人判断で大丈夫だとしてしまわないで、しっかりとした医師に診断してもらうといいでしょう。白内障は治らない病気ではありません。きちんと治療することで、もとの視界に戻ることのできる病気なのを忘れないようにしてくださいね。