貧血と白血病の関係

トップページ 貧血と白血病の関係

貧血と白血病の関係

白血病の症状の中に、貧血があります。白血病は血液のがんと言われる恐ろしい病気ですが、赤血球の病気が貧血だとすると白血病は白血球の病気です。

 

症状も急性型と慢性型に分けられ、急性型は貧血・歯茎や皮膚の出血・高熱といった症状があります。めったにありませんが、再生不良性貧血が白血病に発展することもあります。急性白血病で最後に行われる検査は、骨髄から骨髄液を採取して行う骨髄穿刺という方法です。

 

骨髄穿刺による検査方法が行われるのは、骨髄で作られる血液細胞が正しく作られずに不良性の白血球として骨髄に蓄積されていくからです。血液に異常があることによって貧血の症状が起こり、血小板が減って出血したり、免疫が弱くなったりしてしまいます。

 

不良性の白血球が増加し続けること・細胞が変異することという、がん特有の2つの状態が白血病の造血幹細胞の増加に確認できます。それが血液のがんといわれる所以です。

 

急性型の白血病には薬の投与による治療が行われますが、抗がん剤を複数合わせて投与するので、1つだけ投与するということはあまりありません。薬の投与によって、骨髄で作られる異常のない白血球の数が、不良性の白血球の数を超えるようにしますが、それは完全に病気が治るということではありません。やはり年齢やその他の条件をクリアした、患者さんに適合するドナーがあらわれ骨髄移植などの造血幹細胞移植をすることが最善の方法なのです。

 

慢性型の白血病には骨髄性とリンパ性という2つの種類があり、成人に多いのは骨髄性白血病です。これは、正常でない遺伝子によって引き起こるもので、白血球には異常がないのにその数が増えすぎてしまうという病気です。

 

はっきりした症状があらわれないので気付きにくく、あらわれたとしてもゆっくりと出てくる病気です。治療方法は、インターフェロンを注射する・経口の抗がん剤を投与する・骨髄移植をする、といった方法です。