糖尿病の恐さ

トップページ 糖尿病の恐さ

糖尿病の恐さ

多くの方に知られているように、糖尿病は生活習慣病の一種です。また同時に、糖尿病は怖い病気だとして、一般的に認知されているのではないかと思います。では、糖尿病の恐ろしい点とは、どのようなものなのでしょうか。

 

本来、糖尿病それ単体は、それほど恐れる必要のない病気とされています。血糖コントロールが上手に行えるようになれば、日常生活にもほとんど支障は出ません。しかし、注意すべきは、糖尿病は初期段階では自覚症状が出にくいという点です。そのため、自身が糖尿病であることを自覚するのが遅く、また、自覚したとしても、顕著な症状がないため対応が甘くなりやすい傾向があります。

 

一般的に、罹患してから5年〜10年ほど経たないと、症状が現れないとされています。そして、この症状は、糖尿病によるものというよりは、糖尿病を原因として起こった合併症のものであるケースがほとんどです。

 

糖尿病において最も恐れるべきは、この合併症です。病気の自覚がなく、ずっと治療を行わないでいると、そのうちに重篤な疾患につながってしまうことも珍しくありません。

 

糖尿病の合併症には、様々な種類があります。その中でも特に主要な3大合併症をあげると、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症となります。

 

糖尿病性腎症は、腎機能が低下するというものです。高血糖の状態が継続することにより、腎の糸球体に障害が発生し、それが腎機能を低下させます。病状が進行すると、人工透析を必要とする場合もあります。

 

糖尿病性神経障害は、高血糖を原因として、体内の神経に異常が起きるというものです。具体的な症状としては、全身の感覚が鈍くなる、手足に痛みやしびれが起る、といったものがあげられます。

 

糖尿病性網膜症は、目の中で出血が起こりやすくなるというものです。高血糖の状態が継続することにより、目の中の血管に異常が発生することを原因とします。重傷の場合は網膜剥離につながり、最悪の場合は失明となります。

 

また、糖尿病は完治しない病気である点も、怖いところであると言えます。一度発症してしまうと、一生病気と付き合う必要があります。