糖尿病サプリ一覧 | 有効成分調査とおすすめ!

糖尿病サプリ一覧

 

糖尿病サプリは食事療法と相性が良い

 

 

糖尿病は生活習慣病の中でも代表的なものの1つです。長い間の生活習慣の蓄積によって引き起こされる病気と言うことができます。そのため、糖尿病を予防するために重要なのは、日常生活を規則正しく保ち、病気の原因となるような習慣を持たないようにすることです。

 

生活習慣のうち、特に気を配るべきはやはり食生活です。糖尿病予防に有効な食生活は、以下のようなものになります。

 

まずは、とにかく食べ過ぎを避けるようにすることです。昔から、食べ過ぎは万病の元と言われています。食べ過ぎの問題は、カロリーオーバーを起こしがちであることはもちろん、合併症を引き起こしやすくなるという点にもあります。

 

次に気を付けるのは、アルコールの摂取についてです。過剰な飲酒は血管障害や脂肪肝といった病気の原因となります。そのため、お酒を飲む際は、その量や頻度に気を配りましょう。また、飲酒の際のおつまみにも注意が必要です。おつまみはつい食べ過ぎてしまう傾向があるため、できるだけ野菜中心のヘルシーなものを選ぶようにしましょう。お刺身、冷奴、枝豆、野菜スティックといったものがおすすめです。

 

さらに、食事の内容にも気を付けましょう。栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。たとえ食べ過ぎないように食事の量に注意していても、栄養バランスが偏っている場合は、病気を引き起こしやすくなります。タンパク質、糖質、ビタミン、ミネラルといった各種の栄養素を、バランス良く、それぞれ不足なく摂取するようにしましょう。

 

また、糖尿病予防においては、特に食物繊維を積極的に摂取することが推奨されています。食物繊維を多く含む食材は、野菜や海藻などです。食物繊維には肥満予防の効果のみならず、血糖値の上昇を緩和する、血中コレステロール濃度を低下させる、といった働きもが期待できます。

 

最後に、食事のタイミングにも気を付けるようにしてください。食事は三食規則正しくとるようにすることが重要です。いつも規則正しく、決まった時間に食事をするようにすることで、血糖値は安定しやすくなるとされています。また、朝・昼・夜の食事量は、できるだけ均等にするようにしましょう。糖尿病予防に気を配りつつ、バランスの取れた食事を楽しむようにしてください。

 

規則正しい食事とあわせて摂りたいのが糖尿病サプリ。血糖値を上昇させないコントロールサプリをどうぞ。参考:糖尿病サプリ

 

糖尿病患者は寿命が短い?

 

糖尿病になった方の寿命は、どのようなものとなっているのでしょうか。ある調査からは、糖尿病の方の寿命は約67歳という結果が出ています。現在の日本において、男性の平均寿命は約80歳、女性の平均寿命は約85歳です。それと比べると、糖尿病の方の寿命はかなり短いと感じるのではないかと思います。平均よりも13年〜18年も早く亡くなってしまう状態だからです。

 

また、糖尿病発症の平均年齢は、約53歳とされています。そのため、糖尿病を発症すると、その約14年後に死亡する、というのが一般的な傾向と言えます。とはいえ、糖尿病のみを原因として亡くなるケースはまず見られません。糖尿病になったら早く死亡する、とは決して一概には言えないのです。

 

しかし、もちろん早く亡くなってしまうケースも多く見受けられます。その原因は合併症です。糖尿病は、脳梗塞、心筋梗塞、癌、腎不全、動脈硬化、失明といった合併症を引き起こすことがよく知られています。

 

糖尿病は全身の細胞にその影響が及ぶため、合併症も様々なのです。これらの合併症が発症する時期は人によってバラバラで、もちろん、発症しない方もいます。一般的に、生活が不摂生な状態が続いている方は、合併症が早くに発生する確率が高いとされています。

 

合併症を引き起こさないためにも、もちろん糖尿病自体にかからないようにするためにも、血糖値に気を配り、適切なコントロールを心がけましょう。

 

数字で知ろう、突発性難聴の特徴

 

突発性難聴は年間35,000人以上がかかると言われ、また年々増えています。この要因は疾患に対する認知度の上昇、受診者数の増加や診断の基準が段々確立していることなどが挙げられます。今回は年齢及び性別、男女差による発症の特徴について説明していきます。

 

突発性難聴の発症率を年齢毎に見ると10〜80代と幅広く分布し、年齢に関係なく発症すると言えます。ただいずれの年代も50〜60代の発症率が最も高く、発症しやすい年齢層であるとも言えます。これは高齢化が進む中で中高年層の絶対人数が増加しているため、この年齢層の発症率も高くなっている可能性があります。

 

因みに1970年代から比較すると20〜40代辺りの年齢層も増加の傾向を示していますが、全ての層が増加しているためこの層のみの特徴と言えません。また60歳を超えると発症率が下がる動きは、いずれの年代も同じ傾向です。

 

難聴というと高齢者層の疾患といったイメージがあるかもしれませんが、上記の通り幅広い年代で発症しています。70代後半以降は突発性難聴の発症数がほぼ増えませんが、別途老人性難聴にかかる確率が増えていきます。

 

また10歳前後の子供にもわずかに発症が見られますが、この場合他の疾患による見方もあります。例えば先天的に内耳動脈が細かったり、体内の器官に要因が隠れている可能性がありますが、この年齢で動脈硬化や血栓が内耳の血管を損傷することは非常に考えにくいでしょう。

 

次いで性別による発症傾向ですが、近年女性の発症が増加していると言われています。1993年度に行った調査で大幅な性別差は見られないものの、今後若年〜高年齢層の女性の増加率が男性を超える傾向が続くと予測されています。特に20〜30代女性の増加率は男性を大きく上回り、女性の社会進出に伴う情勢変化が影響していると読み取れます。女性は様々な人間関係や家庭などで男性以上のストレスを敏感に感じやすいので発症率が増加するのも頷けます。(参考文献 金原出版『突発性難聴の正しい取り扱い』)

 

なお居住地や仕事、家庭環境による発症への影響はデータがないため分析できませんが、前々から発症の要因になる可能性は十分にあると言われています。また食生活も同様で免疫力、自律神経バランスや内臓、血管などへの栄養が影響を及ぼすことは言うまでもありません。これらは不足しても多すぎても、発症のリスクが高まってしまうのです。こちらもお勧め⇒難聴サプリ比較サイト

 

オメガ3脂肪酸を摂れば脂肪肝も改善可能?

オメガ3脂肪酸も元は脂質です。脂質は、太るイメージがあるから、摂取量を制限している人もいるでしょう。しかし、オメガ3脂肪酸は、必須脂肪酸とも言われており、体には必要な脂質なのです。脳のおよそ60%は脂質で形成されており、そのうちの4から5%はDHAで形成されています。

 

ですから、オメガ3脂肪酸を生成するためにも、体に必要な脂質は摂取するようにしましょう。オメガ3脂肪酸を代表するのは、DHAとEPAですが、そのほかにもARA(アラキドン酸)も体に必要な脂質です。脳のほかにも、皮膚や血液もオメガ3脂肪酸が必要で、それぞれが含まれています。

 

オメガ3脂肪酸は1日2g程度摂取するのが、適当であるといわれていますが、血圧を下げるのは1日700mg程度摂取すればよいといわれています。ですから、オメガ3脂肪酸は体に良い影響を与えますが、やはり、取りすぎれば余分な脂質となってしまう可能性があり、中性脂肪を上げる原因にもなるのです。

 

脂肪肝も、肝臓に余分な脂肪が多い状態をいい、そのままの状態が続けば、肝硬変や肝臓がんに発展する可能性があるので、注意しなければなりません。しかし、肝臓は、沈黙の臓器と例えられるように、症状が出にくい臓器で、何らかの症状が出たときには、病気が進行している場合が多いでしょう。

 

脂肪肝の原因は、アルコールの取りすぎや糖質の取りすぎなどが考えられます。脂肪肝を予防するには、アルコールを控え、糖質を控える必要があります。また、オメガ3脂肪酸を摂取して、中性脂肪を下げるようにすると脂肪肝を予防することが出来るでしょう。

 

オメガ3脂肪酸は、血液の流れを良くして、コレステロールや中性脂肪を下げる働きがあります。中性脂肪の量を減らすことが出来れば、脂肪肝を予防することが出来るでしょう。オメガ3脂肪酸を摂るならサプリがおすすめです。参考:オメガ3サプリの口コミランキング!

 

また、オメガ3脂肪酸は、脂肪燃焼を助ける作用があるので、肝臓に残っている脂肪を減らして、さらに末梢に存在する脂肪組織も小さくすることが出来ます。オメガ3脂肪酸を青魚やえごま油、亜麻仁油などから摂取できるので、食事に加えるとよいでしょう。

更新履歴